アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

県高校GS

leave a comment »

インターハイ予選となる県高校大会は、GS競技が行われました。昨日は吹雪で出鼻を挫かれましたが、今日は一転青空が広がり、魚沼の白い山々が青空に映えました。コースは残念ながらややソフト。それでも、コンディションとしては上々でした。リザルトは次のとおり。正式には、公式記録でご確認ください。〇印がインターハイの出場権を得た選手ですが、これも正式には明日夕方の選考会までは仮のものです。

女子
〇1位 井上藍菜  開志JWSC③ 1:54.24
〇2位 高橋知寿  開志JWSC③ 1:54.47
〇3位 牧野レナ  八海①      1:54.65
〇4位 三富夏季  小出③      1:54.78
〇5位 長崎舞    関根学園③   1:54.88
〇6位 嶋津羽雅奈 新井①      1:55.49
〇7位 冨永真衣  開志JWSC② 1:55.51
  8位 飯塚奈歩  八海③      1:56.10
  9位 後藤佳乃子 新井③      1:56.68
10位 湯澤明日香 八海③      1:56.95

男子
〇1位 橋本哲也  開志JWSC③ 1:53.04
〇2位 中島崇志  六日町③    1:53.68
〇3位 中澤和志  八海③      1:54.06
〇4位 稲葉祐太郎 関根学園②   1:55.55
〇5位 金子太地  関根学園③   1:55.64
〇6位 小泉健太郎 十日町③    1:55.70
  7位 古野哲也  関根学園①   1:55.93
  8位 中澤優    八海①      1:56.09
  9位 緒形大哉  新発田商業② 1:56.12
10位 島倉陽史  八海③      1:56.24

1本目のセッターは高野先生(六日町高校)。インターバルは28~30mと広めで、振り幅も大きいセッティング。2本目のセッターは八木橋先生(開志JWSC)。インターバルは26~28mで、直線的なセッティング。1本目と2本目で異なるタイプのセットがされたことで、より選手の技術の幅が試された。結果的に開志JWSCの選手がアベック優勝を飾った。ともに2本目での逆転優勝。直線的なセットを、スキーを振り出さずに縦にスキー操作をしていたのが印象的だった。優勝した選手、そしてインターハイ切符を手にした選手、本当におめでとう。そして、今日悔しい思いをした選手の、明日の奮起を期待します。

さて、今日は新たな試みとして速報をアップしてみましたが、お楽しみいただけたでしょうか?明日もできるように頑張ります。

広告

Written by アルペン監督

2013/01/16 @ 17:25

カテゴリー: 大会レポート

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。