アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

Archive for 1月 2013

チーム新潟 国体成年組の皆様

leave a comment »

第68回あきた鹿角国体アルペン種目に出場する、新潟県成年組選手の皆様に連絡です。第1回国体事前合宿が明日までの日程ですので、日々練習に励んでいることと思います。第2回国体事前合宿の詳細および国体現地合宿(現地集合日)が決まりましたので、明日文書を発送いたします。職場との調整等もあるかと思いますので、ひと足先にここでお知らせしておきます。

◇第2回国体事前合宿
期日:2月10日(日)~11日(月) 1泊2日 10日は9:00第1駐車場(オオマツ)集合
場所:長野県・パインビークスキー場
対象選手:国体成年組
内容:GSトレーニング
合宿責任者:横山良(関根学園高校)
申込締切り:2月4日(月)

◇国体現地合宿および国体
期日:2月12日(火)~19日(火) 12日は17:00宿舎(姫の湯)集合
場所:秋田県・花輪スキー場
対象選手:国体全種別
選手団結団式:2月15日(金)16:30
合宿責任者:羽賀徹昭(西新発田高校)
申込締切り:2月4日(月)

申込書は2つの合宿を一緒に記入するようになっています。国体現地入りの日時について、必ず記入をお願いします。選手団結団式は原則全員参加ですので、遅くとも結団式には間に合うように日程調整をお願いします。また、申込み後の変更は、私までご連絡ください。

Written by アルペン監督

2013/01/29 at 21:39

カテゴリー: 県連合宿

68国体選手内定

leave a comment »

先日22日に、松之山温泉スキー場にて新潟県の国体予選が行われました。その日のうちに、県連主任者会議・県連アルペン部会が行われ、さらに本日、県連の選手選考会が開催されて新潟県代表選手が内定しました。今後いくつかの手続きを経て、正式には後日、新潟県体育協会より発表されます。アルペン種目の新潟県代表は次のとおり。名前の前の数字は、仮出発番号です。所属名は、一部略称となっています。

成年男子A 15:桒原涼(近畿大学)、18:小林日向(日本大学)、24:次井雄哉(日本大学)

成年男子B 2:佐藤栄一(妙高リージョンSC)、5:吉村良平(長岡市立宮内中学校教)、37:金田翔(高田自衛隊)

成年男子C 19:藤井守之(高橋工務店)、62:中村裕也(十日町地域消防本部)、77:高橋祐一(日本精機)

少年男子 14:橋本哲也(開志JWSC)、18:中島崇志(六日町高校)、30:中澤和志(八海高校)、50:小泉健太郎(十日町高校)、101:石野渓太(関根学園高校)、142:鈴木俊成(八海高校)

成年女子A 12:渡邉久瑠美(高田自衛隊)、16:渡邉歩実(日本大学)、36:目黒恵里奈(法政大学)

成年女子B 11:髙橋美和(高田自衛隊)、20:星瑞枝(湯之谷SC)

少年女子 1:井上藍菜(開志JWSC)、5:長崎舞(関根学園高校)、14:牧野レナ(八海高校)、24:髙橋知寿(開志JWSC)

アルペン部で検討した結果、総合的な判断で中村裕也選手と星瑞枝選手を推薦選手として決定し、本日の選考会でも承認されました。星選手は、世界選手権に選出された場合は欠場となります。以上のメンバーで、あきた鹿角国体に臨みます。昨年は天皇杯を獲得した本県だが、アルペンチームは2年前の鹿角で記録的な大惨敗を喫している。そういう意味では、今年こそが本当のリベンジとなります。

第2回事前合宿(2/9~11)要項、現地集合日、新潟県選手団結団式、宿舎等については後日通知を出します。大会に向けて、徐々に調子を上げていきましょう。今年のチーム新潟、応援よろしくお願いします。

さて、私は国体予選終了後から、関係書類作りに追われています。今はちょっと休憩です。これからまた再開します。学校では入試業務、家では国体書類、パソコン業務ばかりでまぶたがピクピクします。頑張れ、自分。

Written by アルペン監督

2013/01/24 at 22:19

カテゴリー: スキー

松之山

leave a comment »

さあ、明日は国体予選です。今年の会場は松之山温泉スキー場。新潟県内の選手いわく「国内で最も難しいレース」。1本勝負、そして新潟の湿った雪が、これまで数々の波乱を起こしてきた。果たして今年はどうなるんでしょうか!楽しみですね(まあ人ごとですけど)。今年もレストハウスで国体の受付をしていますので、選手の皆さんは出場枠内の順位に入って選手調書を書きに来てくださいね。待ってます。

今日は、明日の分の授業を振り替えたため4時間連続授業をこなし、放課後は推薦入試に備えて校内の放送機器点検に立ち会い、勤務時間終了とともに学校を出発し、松之山へ移動しました。明日の国体受付のための書類を作成し、先程作業が完了。温泉で癒され、これから爆睡します。明日はさらに過酷。レース後、主任者会議、そしてアルペン部会。選手が選考されてから、私の仕事はさらに加速します。明日中に関係書類を完成させて、水曜日早朝に松之山を出発し、直接出勤します。

すべてはチーム新潟の選手のため。と、自分に言い聞かせて頑張ります。

Written by アルペン監督

2013/01/21 at 23:44

カテゴリー: スキー

県高校SL

leave a comment »

インターハイ予選となる県高校大会は、SL競技が行われました。昨日の快晴が嘘のように、今日は一転して雪。朝までに15cmほどの降雪があり、コースは昨日以上にソフト。日中も雪が降り続く厳しいコンディションの中でも、スキー場や競技役員の皆さんの協力のおかげでレースは無事に成立することができました。リザルトは次のとおり。正式には、公式記録でご確認ください。〇印がインターハイの出場権を得た選手ですが、正式には夕方の選考会結果を確認してください。八海の女子は学校枠をオーバーするので、9位の選手が繰り上がります。

女子
〇1位 長崎舞    関根学園③   1:50.12
〇2位 井上藍菜  開志JWSC③ 1:53.27
〇3位 南雲明梨  八海③      1:53.62
〇4位 飯塚奈歩  八海③      1:54.03
〇5位 三富夏季  小出③      1:55.18
〇6位 林鮎子    八海①      1:56.26
  7位 若月美優  八海①      1:57.91
〇8位 冨永真衣  開志JWSC② 1:57.96
〇9位 高橋知寿  開志JWSC③ 1:57.99
10位 岩本波香  八海③      1:58.82

男子
〇1位 中澤和志  八海③      1:42.86
〇2位 橋本哲也  開志JWSC③ 1:42.94
〇3位 島倉陽史  八海③      1:44.72
〇4位 中島崇志  六日町③    1:44.84
〇5位 鈴木俊成  八海③      1:46.97
〇6位 岡田雄瑠  新井①      1:48.30
〇7位 杵渕俊之  六日町②    1:48.32
〇8位 老野生海渡 長岡①      1:48.38
  9位 山田岳人  十日町総②   1:48.40
10位 小泉健太郎 十日町③    1:48.45

今日のレースは、男女とも1本目でラップを奪った選手がそのまま優勝した。女子は2本目でさらに差を広げての圧勝、男子は僅差での逃げ切りだった。優勝者、そしてインターハイ切符を手にした選手、おめでとうございます。昨日のGSで出場権を得られなかった選手が多く上位に入り、気持ちを切り替えての奮闘が目立ちました。インターハイに向けて、さらなる向上を期待します。

Written by アルペン監督

2013/01/17 at 22:22

カテゴリー: 大会レポート

県高校SL2本目速報

leave a comment »

image

image

Written by アルペン監督

2013/01/17 at 14:26

カテゴリー: 大会レポート

県高校SL1本目速報

leave a comment »

image

image

Written by アルペン監督

2013/01/17 at 11:41

カテゴリー: 大会レポート

県高校GS

leave a comment »

インターハイ予選となる県高校大会は、GS競技が行われました。昨日は吹雪で出鼻を挫かれましたが、今日は一転青空が広がり、魚沼の白い山々が青空に映えました。コースは残念ながらややソフト。それでも、コンディションとしては上々でした。リザルトは次のとおり。正式には、公式記録でご確認ください。〇印がインターハイの出場権を得た選手ですが、これも正式には明日夕方の選考会までは仮のものです。

女子
〇1位 井上藍菜  開志JWSC③ 1:54.24
〇2位 高橋知寿  開志JWSC③ 1:54.47
〇3位 牧野レナ  八海①      1:54.65
〇4位 三富夏季  小出③      1:54.78
〇5位 長崎舞    関根学園③   1:54.88
〇6位 嶋津羽雅奈 新井①      1:55.49
〇7位 冨永真衣  開志JWSC② 1:55.51
  8位 飯塚奈歩  八海③      1:56.10
  9位 後藤佳乃子 新井③      1:56.68
10位 湯澤明日香 八海③      1:56.95

男子
〇1位 橋本哲也  開志JWSC③ 1:53.04
〇2位 中島崇志  六日町③    1:53.68
〇3位 中澤和志  八海③      1:54.06
〇4位 稲葉祐太郎 関根学園②   1:55.55
〇5位 金子太地  関根学園③   1:55.64
〇6位 小泉健太郎 十日町③    1:55.70
  7位 古野哲也  関根学園①   1:55.93
  8位 中澤優    八海①      1:56.09
  9位 緒形大哉  新発田商業② 1:56.12
10位 島倉陽史  八海③      1:56.24

1本目のセッターは高野先生(六日町高校)。インターバルは28~30mと広めで、振り幅も大きいセッティング。2本目のセッターは八木橋先生(開志JWSC)。インターバルは26~28mで、直線的なセッティング。1本目と2本目で異なるタイプのセットがされたことで、より選手の技術の幅が試された。結果的に開志JWSCの選手がアベック優勝を飾った。ともに2本目での逆転優勝。直線的なセットを、スキーを振り出さずに縦にスキー操作をしていたのが印象的だった。優勝した選手、そしてインターハイ切符を手にした選手、本当におめでとう。そして、今日悔しい思いをした選手の、明日の奮起を期待します。

さて、今日は新たな試みとして速報をアップしてみましたが、お楽しみいただけたでしょうか?明日もできるように頑張ります。

Written by アルペン監督

2013/01/16 at 17:25

カテゴリー: 大会レポート