アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

ハイエース

leave a comment »

中古で買って8年目を迎えている我が愛車。21万kmを超えても、走りはますます快調。しかし、傷みは徐々に出てきている。ここ1、2年は、新新バイパスの大量の塩カルがボディにダメージを与えている。バックドアパネルは特に深刻。機会ある度に、あちこちの板金屋で修理可能か聞いてみたが、ドアパネルごと交換するしかないとのこと。さすがにそこまでは・・・と思い、過酷な冬を迎える前に自分で修理することにしました!まずは、腐食部分を叩いてみると、こんな感じに・・・。
  

今まで強く触らないようにしていた部分を叩くと、ボロボロと腐食部分が落ちました。結局、穴が開いて空が見えました!まずは、サンドペーパーで研磨し、さび止め液を塗り、粘土パテで穴埋め。パテの硬化後、サンドペーパーで研磨して極力平らにし、プラサフ塗布。そして、塗装してコンパウンドで磨き、ボディコートをして何とか完了。数日かけて、材料費は約8,000円。さすがに素人作業なので、素晴らしい出来という訳にはいきません。パテ不足で細かな窪みがあったり、塗装の境目が分かったりしますが、まあこんなもんだろ!
  

まずは、この冬を乗り切れるかに注目です。さびvs素人作業の戦いにご注目ください(笑)。スタッドレスも新品にしたし、あと3~4年、少なくとも30万kmまでは乗りたい・・・。

広告

Written by アルペン監督

2012/11/25 @ 22:23

カテゴリー: その他

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。