アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

Archive for 10月 2012

海外遠征終了

leave a comment »

県連海外遠征チームは昨日無事に帰国し、海外遠征が終了しました。毎年のことですが、実施にあたりご理解とご協力をいただいた関係各位に感謝いたします。選手は学校に戻り、遅れた分の勉強をしっかり取り戻してください。これもスキー選手として、とても大切なことです。八木橋コーチから、総括が届いています。

『合宿について総括します。

今回の合宿の目的は、世界を見せるという事でしたが、しっかりと選手は感じたと思います。滑りやすい日本・中国と違い、ほとんどの選手は速い雪質に序盤苦戦の連続でした。そこから滑り込む事によって成長できた選手もいました。また、多くのトップレーサーの滑りを生で見る事、同世代のヨーロッパの選手を知る事など、良い経験になったと思います。やはり、早い段階=年齢でヨーロッパを見せないといけないと思いました。

トレーニングは予定通りにGSメインで行いました。大雪の影響で休みが早まったりしましたが、滑走日数は予定と同じでした。天気は非常に恵まれていました。予想以上のリフト(Tバー)の混みで、合宿前半は予定より滑走距離を稼ぐ事ができませんでした。じっくり滑りを作るというよりも、過酷な条件に飛び込むという感じでした。やはり3200mという高地でのトレーニングは選手への負担は大きかったと思いました。技術的には、前半に方向付けが大き過ぎて運動が止まってしまう選手、ターン後半に身体が回り、内肩が下がり、ターンが終わらずスキーが横になる選手が多かったです。

コントレは軽めに行いました。有酸素運動をメインに、身体の動かし方、体幹などを行い、疲れが見えている日はペアマッサージを行いました。チューンナップレベルが低い選手はハードバーン時に滑りになりませんでした。不本意でしたが、何人かのスキーにチューンナップを施しました。WC観戦を選手は楽しそうに見ていたし、刺激になった様子で、トレーニング日を割いても行って良かったです。もう少し天気が良ければ、アップなども見せられたのですが・・・・・。

怪我人が多い合宿でした。疲れが出る後半ではなく、元気な前半だったので要因は断定しきれません。ただ、降雪があった不整地でスキーが思う様に操作できなく、ビンディングが解放されて、片足になった際にスムーズに止まれないでクラッシュ、というケースが多かったです。幼少期からポールしか滑っていないので、一瞬でのスキー操作ができない様に見えました。そして、腰痛になる選手や個々の滑走量などを見ていると、12分間走の記録とほぼ比例していました。来年は、しっかりとハードルを高めて選んでいくべきだと思いました。』

11月3日(土)に、新潟県内のアルペン指導者向けの「技術講習会・伝達講習会」が予定されています。県連コーチを代表して、八木橋コーチが今年度のこれまでの陸トレ合宿の内容や、今回の海外遠征でのトレーニング内容等、ジュニア選手が身につけるべき内容について話します。新潟県選手のレベルアップのため、ふるってご参加ください。詳細は県連ホームページにアップしてあります。

広告

Written by アルペン監督

2012/10/31 at 22:27

カテゴリー: 県連合宿

2012/2013公認大会カレンダー

leave a comment »

SAJデータバンクに、2012/2013シーズンの国内公認大会のカレンダーがアップされています。トップ画面のタイトルが、2011/2012になっていますが、アップされているのは今シーズンのものです。10月23日版ですので、これが現在の最新版ですね。シーズンに向けて転戦スケジュールを立てましょう!

さて、今日は創立110周年式典が行われた土曜日の代休でした。せっかくの平日なので、サッカー部は新発田中央公園の人工芝を借りて、同様に本日代休の学校と練習試合をしました。新チームになって人数が足りず、結局今日は11人以下で試合に臨むことに。勝ち負けはやる前から分かっているので、選手には守備のところを頑張ってもらいました。大事なのは2週間後の秋季地区大会。新入部員獲得の目処もたったので良かったです。

Written by アルペン監督

2012/10/29 at 22:04

カテゴリー: スキー

祝!退院

leave a comment »

私じゃありませんよ。私のノートパソコンです。

今日、無事に帰ってきました。と言うか、パワーランプは点灯するものの10回に1回くらいしか起動しないという症状がまったく出ず、メーカーに送ったものの何もせずに帰ってきました。50回くらい起動と終了を繰り返しましたが、まったく正常です、とのことでした。一体あの症状は何だったのだろう・・・。と、いうことで、現在正常に作動しているので、このまま使用します。でも、不安は残っているので、小まめにバックアップを取ろうと思います。

で、パソコンを引き取りに行ったついでに、ウインドウズ8をいじくってきました。さっぱり分かりませんでした。あのOSにする勇気はないので、当分このパソコンでいこうと思います。だから、謎の症状出ないでね。

おしまい。

Written by アルペン監督

2012/10/28 at 17:00

カテゴリー: その他

海外遠征現地情報④

leave a comment »

現地の八木橋コーチから、最終レポートです。

『本日の午前中にヒンタートックスでのトレーニングが終了しました。第4クールは本格的なGSトレーニングとSLポール導入を行いました。GSはハードバーンで滑りだけではなく、チューンナップの技術の差も出ていたと思います。合宿当初に比べると、雪質・斜面にも慣れて攻めていける選手もいて、成長を感じました。
SLは導入期として、少し難易度の高いコースでのスタートだったので、積み上げていくというより、急斜面の経験という位置づけで行いました。SLは日本に戻って11月末から糠平で基本的な事からスタートしたいと思います。
この後、チャーターバスにてゼルデンへ移動します。明日は女子レース、明後日は男子レースを観戦します。』

すべての雪上トレーニングが終了し、チームはワールドカップ開幕戦が行われるゾルデンへ移動し、2レース観戦して30日帰国となります。

そのワールドカップは、昨日女子のGS開幕戦が行われました。チーム新潟の星瑞枝選手(湯之谷スキークラブ)と長谷川絵美選手(サンミリオンスキークラブ)が出場。残念ながら2本目進出はできませんでしたが、30位とのタイム差は、星選手が0.61秒、長谷川選手が0.75秒。昨年よりも2本目進出の匂いがします。昨シーズンは、清澤恵美子選手(ドーム)がSLで2本目に進んでいるだけに、今シーズンこそ、星選手、長谷川選手にも果たしてもらいたいものです。もちろん、目指しているのは2本目進出ではなく、もっと上だと思いますが。

Written by アルペン監督

2012/10/28 at 16:45

カテゴリー: 県連合宿

創立110周年

leave a comment »

昨日土曜日に、本校創立110周年の記念式典が新発田市文化会館で行われた。私にとって周年行事に当たるのは初めて。事前の計画や準備など、勉強になりました。今日の式典は司会進行役。式典物の進行役がすっかり定番になってしまっていますが、文化会館のような大きな施設は、音響設備などしっかりしていてやりやすいです。

記念講演は、なでしこジャパンのテクニカルスタッフで、本校OBの能仲さん。女子ワールドカップ優勝やロンドンオリンピック銀メダルの舞台裏や、チームコンセプトなど興味深いお話でした。記念演奏は、女子高時代からの伝統である琴の演奏でした。伝統の長さを改めて感じました。

創立当初とは大きく様変わりしている本校だが、素晴らしい伝統のある学校であることが再認識できた1日でした。

Written by アルペン監督

2012/10/28 at 16:30

カテゴリー: 学校

県連合宿情報11月

leave a comment »

妙高山はきれいな初冠雪だったようですね。人工雪のスキー場は降雪機がフル稼働しているようですし、国内も少しずつ冬へ近づいています。陸トレも仕上げの時期ですね。さて、11月の県連合宿情報です。

◇第1回ジュニア雪上合宿
期日:11月6日(火)~11月8日(木)
場所:埼玉県所沢市・狭山スキー場
対象選手:中学生B
内容:スキーの基本技術を低速で習得
合宿責任者:高野大(六日町高校)
申込締切り:11月1日(木)

ジュニア合宿は第1回~第3回まで、中学生B指定限定の合宿となります。中学生A指定はオーストリア遠征中ですが、A指定に負けずにしっかりとトレーニングしていきましょう。既に各学校に要項が届いているはずですので、早めに申し込みの返信をお願いします。

Written by アルペン監督

2012/10/25 at 21:02

カテゴリー: 県連合宿

8年

leave a comment »

中越地震から8年。17:56の1回目の揺れは本当に鮮烈だった。ゴーっというあの山鳴りにも本当に驚かされた。家の中の片づけも大変だったし、壁にはひび割れが今も残っている。東日本大震災はもちろん大変な出来事だったが、私にとっての震災はやはり中越地震だ。自然災害の前では人間の力なんて本当にちっぽけなもの。当たり前の毎日が、一瞬で当たり前ではなくなる。それでも人間は自然と共存していかなければならない。あらゆる災害に対する心構えをしつつ、当たり前のように過ぎていく1日1日を大切に生きていきたい。中越地震で亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

Written by アルペン監督

2012/10/23 at 19:30

カテゴリー: その他