アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

3級昇級

leave a comment »

このたび、サッカー3級審判に昇級しました。去る7月15日(日)、長岡市陸上競技場で行われたサッカー3級審判昇級講習会を受講しました。無事合格し、本日3級の審判証とワッペン(ちなみに4級は緑色)が日本サッカー協会から送られてきました。

昇級講習会は、学科試験(70点以上合格)と実技試験(40m走7.5秒以内を5本、インターバル走150mを40秒・50mを50秒×20本)に合格し、その後の実技講習を受講すると3級に認定される。講習を受ければ誰でも合格する4級よりは、しっかりとハードルが設定されている。この日は28名が受講し、全員?(終了後、残って追試を受けている人がいましたが)合格したと思われます。

通常であれば学科を先にやるはずなのだが、この日は昼から雨の予報だったため、先に実技試験が行われた。特別きついタイム設定ではなかったが、インターバル走なんて本当に久しぶりにやった。蒸し暑くて汗が流れ、さらに最後は雨に打たれ青春時代のようでした。実技試験後、学科試験の説明を受けたところで昼食休憩。勉強時間ができてラッキーだった。

学科試験の問題は、
① 〇×が20問。語句のひっかけがあり、まんまと1問ひっかかった。
② 試合中の出来事に対する主審の処置について、記述式で4問。1問について説明不足だった(たぶん)。
③ オフサイドに関する穴埋め問題が7問くらいと、プレーの図を見てオフサイドかどうか〇×で3問。
④ 主審と副審のシグナルを言葉で説明するものが、主審について4問、副審について4問。
⑤ 間接フリーキックになる反則について、ゴールキーパーのみのものを4つ、すべてのプレーヤーのものを4つ答える問題。
制限時間は60分。終わった人は退室可。点数は教えてもらえなかったが、90点はとれていたと思う。でも、試合中は瞬間的に判断して対応しなければならないので、やはり経験を積んでいくことが大切ですね。

午前中に降った雨もすっかり乾き、実技講習も行うことができた。実技講習は、受講者28名が3グループに分かれて役割をローテーションしながら行った。ハーフコートで、1グループがオフェンス、1グループがディフェンス、1グループが審判として、実際にボールを動かして、さらにプレーヤーはわざと反則を犯しながらルールの適用を学びました。

目の前に取れる上位資格があると、つい取ってしまう悪い癖が今回も出てしまいました。こっそり取って内緒にしておくつもりだったのに、まさか、同じ会場で下越地区の某高校の某先生と一緒になってしまいました。バレてしまった・・・。

広告

Written by アルペン監督

2012/08/03 @ 20:57

カテゴリー: サッカー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。