アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

県連第2回ジュニア雪上合宿

leave a comment »

2日(金)は、近視矯正手術の1週間後検査でした。視力検査の結果、現在の視力は左右とも1.0。再生した角膜表皮にまだ濁りがあることと、視力が安定するまでは遠視寄りの状態なので、もう少し時間をかけて視力が上がってくるのだそうだ。今日から、角膜表皮の濁りを解消するための目薬に変更された。車の運転もOK、アルコールもOK。次回の検査は1か月後検査。

検査を終え、学校に行き、授業をやって、湯沢町・かぐらスキー場へ出発。11月30日から12月4日まで、県連の中学生指定選手を対象に第2回ジュニア雪上合宿を行っており、ラスト2日間をサポートしてきた。

狭山での第1回合宿では、①前後のバランス、②力のかけ方、③運動方向のセットをテーマに実施。今回のかぐらでの第2回合宿では、第1回の流れを引き継ぎながら、①ハンドワーク、②局面にかけてのアプローチ、③スキー操作のレベルアップをテーマに実施。選手は男子4名、女子2名が参加。私にとっては、初めて滑りを見る選手たちだった。昨日は、生憎の雨模様。時折強く降り、コンディション的には最悪だった。それでも午前中、集中力を切らさないように、2班編成でトレーニング。昼の時点で、選手の体調も考慮し練習を切り上げた。今日は気温が一気に下がり、かぐらエリアは雪模様。風も強かったが、昼前からは第1高速も運行し、昨日に比べたら遥かに良いコンディションでトレーニングすることができた。

スキー技術だけではなく、用具の手入れや、宿舎・スキー場での行動など、細やかな指導を継続している。各チームに戻った時に、他の選手の手本となり、結果的に全県的なレベルアップにつながってほしい。今回参加の選手たちは、一生懸命考えながら滑り、時には楽しさも交えながらトレーニングに取り組んでいました。

次の第3回合宿は年末年始に北海道・糠平で行う。担当コーチは私。ゲートトレーニングがメインになってくるが、これまでの合宿でのテーマが、ゲートの中で発揮できるように援助していきたい。現在、中国遠征に参加している選手も合流するので、八木橋コーチと連絡を取りながら、継続した内容で指導できるように準備しようと思う。

広告

Written by アルペン監督

2011/12/04 @ 20:32

カテゴリー: 県連合宿

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。