アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

報告⑤

leave a comment »

11月25日(金)は、いよいよ手術当日。私が受けたのは「E-PRK」という術式。5日前から抗菌点眼薬を1日4回使用して準備してきた。学校はこの日から期末考査。Y眼科に12:00集合なので、朝のSHRと、考査前の教室準備までやって早退。近視矯正手術を受けることは、生徒には内緒。

体温と血圧をチェックし、待合室で手術着を着せられ、自分の順番を待つ。さすがにちょっとドキドキ。手術室に入ると7~8人のスタッフが待ち構えていた。話で聞いていた通り、エキシマレーザーの機械は結構うるさい。手術台に仰向けになり、あとはまな板の上のコイ。

顔面を消毒された後、手術は右目からスタート。点眼麻酔をし、まつ毛はテープで貼られ、まぶたは機器で強制的に開かれ、瞬きはできない状態。最初に眼球を30秒間消毒するのだが、目にしみて思わず眼球が動いてしまい、ドクターに怒られた・・・。その後、眼球の表面を何やらガリガリといじられたのが最も不快だった。そして、いよいよエキシマレーザー照射。赤い丸と緑の点が重なるように見ながら、じっと我慢するだけ。角膜をエキシマレーザーで削るという表現をするが、実際には角膜の細胞を破壊して蒸散させるのだという。照射中はバチバチという音を聞きながら、髪の毛を燃やしたような焦げ臭さがあった(決して焦げてはいないのだが)。約40秒間の照射後、むき出しになった角膜を保護するためのソフトコンタクトレンズを装着して右目終了。続けて、左目という感じでした。

手術時間は、トータルで20分程。でも、長く感じたし、かなりドキドキしましたね。手術自体は痛みはありませんでした。でも眼球をいじられるのは、やっぱり不快でした。手術後は、目がショボショボして涙がボロボロ。痛いのではなく、目を開けていられない感じです。少し休憩して、やや落ち着いた状態になってから帰宅。夕食の頃になって、ようやく涙はストップ。視力はそれなりにあるので、ぼやけた感じながらもある程度は見えています。

手術当日は入浴禁止。抗菌点眼薬と抗生物質の点眼薬を1日5回。就寝時は保護メガネを着用。車の運転は1週間禁止。アルコールも1週間禁止。これらの生活制限としばらくお付き合いしなければなりません。

続きはまた明日!

広告

Written by アルペン監督

2011/11/30 @ 20:58

カテゴリー: その他

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。