アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

春地区1回戦

leave a comment »

春季下越地区大会が今日から始まりました。我がチームが入っているトーナメントの山は、敬和学園高校が会場。今日は全体的に薄曇りの天気だったが、気温がとても高かった。選手のスタミナが心配されたが、午後になると前線が通過したせいか、突然冷たい風が吹くようになり、結果的に5試合目の私たちには良いコンディションだった。

我がチームは、1回戦で五泉高校と対戦。過去の対戦成績も実力も、間違いなく向こうが格上。それでも、選手も私も負ける気は無かった。前半は、チャンスは向こうが多かったが、ディフェンスラインは集中力を持って跳ね返し続け0-0。

後半に入り10分過ぎ、ゴールライン際で突破を許してしまい失点。でも、ここからが今までと違った。誰も下を向かず、本気で追いつこうとした。選手を交代し、ポジションを変更し、追撃態勢に入った。残り時間は少なくなっていったが、押し込む時間帯は確実に増えていた。そして、待望の時間は訪れた。相手ゴールキーパーが、クリアのためにペナルティエリアから飛び出してきたところを、こちらが先に触り、キーパーさらにディフェンダー1人をかわして無人のゴールにシュート。ポジションを変更してトップ下に入ったキャプテンだった。1-1に追いつき、最後まで集中力を持って耐え抜いた。1・2回戦は延長なしの申し合わせなので、PK戦に突入した。

PK戦は、選手に自由にやるように指示。もう、後は見ているだけ。スキーのレースで、スタートの選手に無線を上げて、あとはレースを見ているだけの感覚にとても似ていて懐かしかった。我がチームは後攻。2-2になったところで、五泉の3人目は枠の外へ。4-4で迎えたこちらの5人目。実は数日前のPKの練習で調子が悪かった選手。それでも、決めれば勝ちという場面で出てくる度胸は素晴らしい。でも、外したけどね。4-4でサドンデスに入り、五泉の6人目は枠の外へ。再び訪れた勝利のチャンス。こちらの6人目は3年生。3年生が意地を見せ、勝ってしまいました。

挑戦者の私たちが勝てるとすればPK戦だと思っていたので、数日前からやっていました。今日の午前中も、中央公園の人工芝グラウンドで2時間の練習をしてから会場に入りました。勝つための準備をしての勝利。県総体の出場権を得て、選手は本当に嬉しそうだった。私ももちろん嬉しかった。たかが地区大会の1回戦。でも、今日の勝利が選手たちの大きな経験に、そして財産になったのは間違いない。久しぶりに感動した。明日は2回戦。明日も挑戦者だ。

広告

Written by アルペン監督

2011/05/07 @ 21:56

カテゴリー: サッカー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。