アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

終業式

leave a comment »

毎日、被災地の様子が報道されていますが、皆さんは何を感じていますか?私はやっぱり教員なので、被災地の子どもたちの姿が心に響きます。「あれだけ津波に対する備えをしていたのに、津波は無残に全てを飲み込んでしまいました。」と卒業式の答辞を述べた中学生。当たり前の日常が、どれほど幸せなのか。私たちは再認識しなければならない。

学校は明日、終業式を迎えます。避難者を受け入れる準備はしたものの、公共施設に優先して受け入れをしているため、本校には出番は回ってきていません。昨年4月に44名でスタートした我がクラス。3名が途中で去ったが、残る41名は全員進級することができた。このクラスで過ごすのも明日と、25日の離任式のみ。4月にはクラス替えが行われる。このクラスの終わりが近付くに連れて、このままのクラスがいいと言ってくれる生徒たち。新しいクラスで、新しい人間関係をつくるトレーニングをしなきゃダメなんだよ、とは言いながら私もやっぱり寂しいです。

今日は、東北地方の友人や先輩、後輩と連絡をとりました。スキーの人間は山に住んでいるので、皆無事でした。軒並み中止になっているレースだが、岐阜県・朴の木平ではFISレースが開催された。賛否両論ある中での開催にはそれなりの意義がある。賛成も反対も、どちらの意見も正しい。いろいろな意見を踏まえたうえで、一つの行動をしていく。被災地のたくさんの想いを踏まえて、ひとりひとりができることをやっていく。こんな時だからこそ、たくさんの人の、たくさんの考え方にめぐり合うことができる。

広告

Written by アルペン監督

2011/03/22 @ 22:01

カテゴリー: 学校

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。