アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

インターンシップ巡回訪問

leave a comment »

本校2学年のビジネス教養コース(いわゆる就職コース)の生徒は、この夏休み中に1~3日間のインターンシップ研修を行う。受け入れ可能な近隣企業や施設の中から、生徒が希望するところへ派遣される。受け入れ先が多数のため、2学年の担任団で割り振りをして巡回訪問を行う。
 
私も今日は割り振りがあったため、午後から市内の○○産業株式会社という廃棄物回収・処理、リサイクル、浄化槽維持・管理などを手掛ける会社を訪問させていただいた。この会社で研修しているのは男子3名。うち1名は、昨年私のクラスだった生徒。正直、うちの生徒にいわゆる「3K」の職種が勤まるのか不安MAXだったが、意外にも学校では見たこともない手際で作業していた。会社の担当者からも、「暑いけれど一生懸命やってくれています」という言葉をいただき一安心。今日の仕事は、空き缶、ペットボトル、ビン類の分別。本来は分別して捨てるはずのものだが、なかなか実際にはそうはいかない。私も作業手袋をお借りして、一緒に30分ほど汗を流してきました。ここで分別されたペットボトルは、この後海を渡って中国に行くんだとか。そして一部は衣類になって日本に戻ってくるんだってさ。
 
休憩時間に生徒たちから話を聞くと、昨日は新発田市から回収を委託されている可燃ゴミの収集日だったので、収集車に同乗して回収作業の手伝いをしてきたそうだ。レストラン○○のゴミはヒドイとか、収集車で圧縮する際に汁が飛び散るとか、現場の苦労を体感したそうだ。明日の最終日は、浄化槽の維持管理に同行するそうだ。
 
わずか3日間の研修でも、ここを経験した3名は、これから先は間違いなくゴミの分別ができる人になるだろう。学校でも率先してゴミ大臣になってほしいものだ。キツイけどたくさんの人のための仕事という達成感があると話してくれた3人の表情は、決して学校で見れるものではない。私にとっても、良い研修だった。
広告

Written by アルペン監督

2010/08/10 @ 22:50

カテゴリー: 学校

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。