アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

2015世界選手権

leave a comment »

2015年開催のスキー世界選手権の開催地が決定した。アルペンはアメリカ・ビーバークリーク、ノルディックはスウェーデン・ファルン、フリースタイルとスノーボードはオーストリア・クライシュベルク。
 
注目記事がもう1つ。ロシアスキー協会では今シーズン、ドーピング違反が続出。ソチ五輪に向けた、誤った強化策のようだが、これに対しFISは罰金18万スイスフラン(約1400万円)を課し、さらにスキー協会の役員、コーチの交代を強く求めたようだ。これらを含め、今年の11月1日までにアンチ・ドーピング活動に進展がなければ、追加制裁として4年間の資格停止処分を課すらしい。そうなれば2014年のソチ五輪に、地元ロシアが出場できなくなる。フェアプレーが確保されなければ、スポーツの持つ価値や意義は失われてしまう。人のふり見て我がふり直せ。我々もしっかりと学び、遵守して行かなければならない。
 
フェアプレーと言えば、昨日の日本vsコートジボワール戦。空中のボールの競り合いとは言え、某選手の跳び蹴りのようなプレーはどうなのか。オウンゴール直後ということも考えると、・・・。今はワールドカップ開幕直前の、最も大切な調整の時期。各国とも、ワールドカップ出場の予選他グループのチームと親善試合を組む。もちろん、選手にとっても本番で出場するための最終アピールの場であるし、チームとしても勝って本番へと考えるのは当然だと思う。それでも、この時期に最も気を付けなければならないのは負傷だろう。跳び蹴りされたコートジボワールの選手はエースFW。右腕の骨折ということなので、ワールドカップの出場は厳しいだろう。もちろん故意のプレーではないだろうが、この時期だからこそ、「お互いに絶対に怪我をしない・させない」が最低限のフェアプレーだと思うのだが。厳しいかもしれないが、骨折に負けずに4年に1度の舞台に立ってほしい。
広告

Written by アルペン監督

2010/06/05 @ 21:58

カテゴリー: スキー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。