アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

札幌国体TR第2日

leave a comment »

くしろサッポロ氷雪国体の、現地トレーニング第2日。
 
今日のトレーニングコース割り当ては、オリンピアゾーンの聖火台コース。コース上部には、1972年に開催された札幌オリンピックの聖火台が立っている。9:00から今大会で想定される細かめのセッティングでGSのゲートトレーニングを行ったが、コースは軟らかめで苦戦する選手が多かった。転倒する選手もあり、ヒヤッとする場面も。11:00にはゲートトレーニングを終了し、その後はハイランドゾーンの大会コースへ。スタートハウスも完成し、大会の雰囲気が高まってきた。今日は気温が上がり、コース状況は昨日よりも良くなかったが、夕方には再びコースに水を入れるそうだ。
 
 
今回の宿泊は市内の大きいホテルということで、例年の国体とは宿舎での雰囲気が全く違う。食事は朝夕ともバイキングなので、選手の食生活や自己管理能力がはっきり表れる。スキー技術だけでなく、こういう部分の力というものもとても大切だ。一般のお客様の気分を害さないように、周囲に注意を払って生活することも意識しなければならない。
 
明日、明後日はコースオープンが行われる。ビブを着用し、組別に滑走する。徐々に本番の雰囲気に近づいて行く。
広告

Written by アルペン監督

2010/02/23 @ 21:27

カテゴリー: 大会レポート

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。