アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

インターハイ男子SL

leave a comment »

第59回全国高等学校スキー大会のアルペン種目・男子SLが、北海道・富良野スキー場で行われた。チーム新潟の成績。
 
15位 矢萩聡  (八海1年)   1:58.18
32位 内山元気 (関根学園3年) 2:04.87
33位 村越龍馬 (新井2年)   2:05.03
54位 後藤竜也 (新井2年)   2:11.48
99位 上山俊一 (新発田商3年) 3:13.31
須貝龍(八海3年)、南雲将貴(六日町1年)は1本目途中棄権。須貝完(八海1年)は2本目途中棄権。森晶(関根学園3年)は一昨日のGSで転倒した際の負傷のため棄権。
 
1本目20位の矢萩選手が、2本目5番のタイムで15位に浮上したが入賞には届かなかった。1本目9位の須貝完選手は、残念ながら途中棄権。上位入賞の力がある須貝龍選手は1本目で姿を消した。1本目で66名が途中棄権というサバイバルレースだったようだが、どのようなコンディション、セットでもしっかりと戦略を立て、ゴールまで滑り切る力を身につけて行くことが大切。
 
そして、明日は女子SL。競技最終日だ。セッターは、1本目が高橋先生(北海道)、2本目が舘岡コーチ(青森県)。競技開始は、1本目が9:30、2本目が12:20。チーム新潟のスタート順。
9:目黒恵里奈(六日町3年)、21:大野ちはる(関根学園1年)、42:金沢優香理(六日町3年)
44:杵渕千佳(関根学園1年)、77:鈴木美里(六日町3年)、79:金沢陽(十日町総1年)
101:山崎千晴(新発田商1年)、130:松井莉恵(開志JWSC1年)、154:上村麻衣子(八海3年)
 
今日入賞できなかった男子の分まで、頑張ってもらいたい。今日のレースと同様に、厳しいレース展開が予想されるが、粘り強くゴールまで滑り切ってほしい。
 
さて、男子は今日で全競技が終了。十日町高校が男子学校対抗で優勝しました。昨年は八海高校、今年は十日町高校と2年連続で新潟県勢が制覇しました。素晴らしいことです。おめでとうございます。
 
昨夜から新潟市は超強風。雪も時々強く降りましたが、風が強いため積もりませんでした。大雪、強風と散々な3日間でしたが、これも明日の午前までのようです。そして、気温が戻る来週は、道路状況がさらに酷くなること間違いなし。
広告

Written by アルペン監督

2010/02/06 @ 20:26

カテゴリー: スキー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。