アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

インターハイ女子GS

leave a comment »

第59回全国高等学校スキー大会のアルペン種目・女子GSが、北海道・富良野スキー場で行われた。チーム新潟の成績。
 
5位  渡邉歩実 (関根学園1年)  1:52.13
22位 大野ちはる(関根学園1年)  1:55.21
23位 目黒恵里奈(六日町3年)   1:55.39
41位 金井愛里 (六日町3年)   1:58.02
43位 山崎千晴 (新発田商1年)  1:58.26
54位 杵渕千佳 (関根学園1年)  2:00.02
86位 上山美樹 (新発田商1年)  2:04.19
110位 高橋満理奈(新井2年)   2:08.26
114位 松井莉恵 (開志JWSC1年)2:09.36
金沢優香理(六日町3年)は1本目途中棄権。
 
1年生の渡邉選手が初出場で初入賞。今シーズンはFISレースでも度々上位に顔を出す。今日優勝した川浦選手も1年生。同年代で切磋琢磨しながら成長していってほしいです。
 
そして、明日は男子SL。セッターは、1本目が押切敬司先生(北海道)、2本目が関善行さん(長野県)。競技開始は、1本目が9:30、2本目が12:30。チーム新潟のスタート順。

14:須貝龍(八海3年)、20:須貝完(八海1年)、45:矢萩聡(八海1年)
50:森晶(関根学園3年)、77:上山俊一(新発田商3年)、78:村越龍馬(新井2年)
98:内山元気(関根学園3年)、130:南雲将貴(六日町1年)、150:後藤竜也(新井2年)
 
明日は優勝が射程圏内。兄弟入賞にも期待がかかります。コースが軟らかいようなので、SLは1本目で30位に入れば、2本目はビッグチャンス。スタートが遅い選手も粘り強い滑りを期待します。
 
リヒテンシュタイン・Malbunで行われているFISレース(SL×2)の第2戦。花岡萌選手が優勝、長谷川絵美選手が2位、星瑞枝選手が5位、湯本浩美選手が8位、新井真季子選手が10位。新井選手は29.57のベストポイントを獲得。ヨーロッパのレースでポイントアップができるというのは、素晴らしいことです。
 
昨日、帰宅後にきれいに雪掘りしたのに、今朝起きると昨日の朝とまったく同じ状態になっていました。再び40cmです。新潟市内は現在80cmの積雪。道路はオフロード状態で本当にヒドイ。明日も朝から雪掘りです。
広告

Written by アルペン監督

2010/02/05 @ 22:35

カテゴリー: スキー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。