アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

県マスターズ

leave a comment »

暇人には競技役員委嘱がもれなく届くスキー界。今日、明日の2日間、六日町八海山スキー場でB級新潟県マスターズスキー大会のセッターを依頼されています。六日町八海山スキー場は、八海高校のトレーニングを行っていた場所でもあるし、今年から八海山スキークラブに所属しているので完全にホームゲレンデです。競技役員には県連の大御所がズラリ。選手は総勢約250名。私より年上が98%。今年は3月10日~14日に全日本マスターズがここで行われ、今回はプレ大会となるため遠方からの参加者も多い。ちなみに全日本の際もセッターに委嘱されています。
 
今日は、Cグループ(女子)とBグループ(男子60歳以上)のセットを担当。標高差257mだから、と言われた場所からはどう見てもそんな標高差はなさそう。絶対28ターンは無理だろうと思いつつ、細かめの28m前後で立てたがそれでも「3アンダー」。でも私の高度計では標高差は225m。結果的に標高差が訂正されセーフ。来月の全日本大会は正確に250地点までスタートを上げることになった。明日はAグループ(59歳以下)のセットを担当します。
 
そして、今日は貴重な、と言うか奇妙な体験をさせてもらいました。私のセットを、私の両親が滑りました。自分の子供の大会でセットをすることは十分考えられますが、自分の親の大会でセットすることって滅多にないことだと思います。セットしながらゴール前では、父ちゃん母ちゃんのヨレル姿が目に浮かび、通常ならここという位置から2mくらい下げました。ささやかな親孝行です。画像は私のセットを滑る母ちゃん(ビブ11)と父ちゃん(ビブ155)。
 
 
インターハイの新潟県チームは、今日から糠平に入り、直前調整合宿です。短期間でもトレーニング効率抜群の場所なので、充実したトレーニングができると思います。今年の県勢は、女子GS、男子SLあたりで優勝の可能性も十分あり。焦らず、気負わず、しっかり調整してください。
広告

Written by アルペン監督

2010/01/30 @ 21:39

カテゴリー: 大会レポート

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。