アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

ホーム最終戦

leave a comment »

昨日はJリーグ最終節。アルビレックス新潟は、ナビスコカップチャンピオンのFC東京とホームで対戦。残りの天皇杯はすべてアウェーなので、今シーズンの東北電力ビッグスワンスタジアムでの試合はこれが最後。冬の新潟らしいどんよりとした空から、15:30のキックオフと同時に雨が降り出した。
 
全体的に押し気味にゲームを進めながらも、やはり先制点を許してしまう。6月28日のゲーム以来、ホームで勝っていないのだ。勝った時にどうやって喜ぶのか忘れてしまいそうだ。後半は徐々に相手ペース。残り時間も少なくなったところで、今季で退任が決まっている鈴木監督が、らしくない采配をした。これまで結果が出なくても、頑なにやることを変えなかった指揮官が、戦術的な交代ではなく意気込みに懸けた交代をしたのだ。投入されたのは、既に来季戦力外を通告されているディビッドソン純マーカズ選手と松尾直人選手。来季は契約されない彼らにとっては、これが最後のビッグスワン。それでも試合は好転せず、時計は無情にも89分。最終戦も負けかと思った時、土壇場でアルビらしさを発揮したのは、松尾選手のヘッドだった。試合は1-1のドロー。アルビの2009年は8位で幕を閉じた。
 
鈴木監督の最後の交代には驚いた。今まで情に流された交代は決してしたことがなかったのに、最後はまるで直江兼続のような愛と義を掲げた交代だった。一番新潟らしく染まっていたのは鈴木監督だったかも。残りの天皇杯、最後まで新潟らしい運動量のあるサッカーを貫いてください。
 
今日は午後からビッグスワンで報告会。近所なので、パッと行けちゃうんですよ。鈴木監督の退任、ディビッドソン純マーカス選手、松尾直人選手は戦力外、さらに現時点でもう1人退団が決まっている人が。GKコーチのジェルソンです。新潟をJ2の時から10年間支えてくれた名コーチ。しかも私と同じ年なんです。本当にとても残念です。そして、残りの天皇杯とともに契約交渉が始まる。みんな新潟に残ってね。さあ、来季はどんなチームになるんだろう。
 
 
サッカーワールドカップ南アフリカ大会の組み合わせも決まりましたね。日本はE組。オランダ、デンマーク、カメルーンが同組。こちらも楽しみです。
 
全国高校サッカー選手権も組み合わせが決まっていますね。新潟県代表の北越高校は、あの国見高校と激突ですから。こちらも楽しみです。
広告

Written by アルペン監督

2009/12/06 @ 20:40

カテゴリー: サッカー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。