アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

Levi

leave a comment »

ワールドカップのSL開幕戦を迎えた。会場は今年もフィンランドのレヴィ。現在女子のレースが行われており、間もなく2本目が始まる。日本からは、コンチネンタルカップによる出場権を持っている湯本浩美選手と花岡萌選手、そしてチーム内のタイムレースの結果により星瑞枝選手の3名が出場した。
 
残念ながら、日本人選手は誰も2本目に進めなかった。1本目のラップは、ドイツのマリア・リーシュ選手。花岡選手は69番スタートから3.01秒差の45位、星選手は57番スタートから3.22秒差の50位、湯本選手は64番スタートから4.71秒差の64位。3人ともスタート順は遅かったが、70番スタートのアメリカの選手が20位、77番スタートの地元フィンランドの選手が22位に入っているので、コースコンディションは良好だったのではないだろうか。ちなみに、77番スタートの選手は1990年生まれの19歳だ。30位とのタイム差は、花岡選手が0.59秒。星選手が0.80秒。2本目に残ることのできる可能性は十分感じることができる。次のレースは、アメリカのアスペン。前向きに頑張ってほしい。
 
さて、2本目の結果は如何に。そして、明日は男子です。
広告

Written by アルペン監督

2009/11/14 @ 21:21

カテゴリー: スキー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。