アルペン監督のひとり言

チーム新潟応援ブログ

報告書

leave a comment »

新潟県体育協会と新潟県スキー連盟の間で、競技水準向上対策事業委託契約というものが交わされている。いわゆる国体に向けた強化費を、県体協が各競技団体に交付している訳だ。今年2月に、スキー競技はトキめき新潟国体を終えた。したがって、平成20年度予算はピークだった。平成20年度の新潟県スキー連盟に対する委託費は、総額38,916,000円。この内、我がアルペン部への割り当ては、14,778,000円。19年度に引き続き、年2回の海外遠征やシーズン初めの北海道合宿など、選手強化策が実って今回の天皇杯優勝、皇后杯2位の成績を収めることができた。が、問題は地元国体が終わったこれからだ。選手強化は地元国体に合わせて行うものではないが、残念ながらお金は国体でしか動かない。現場のコーチ陣も、確実に予算が減る21年度からが勝負であることは、ずっと前から自覚している。近いうちに会議も行われ、方針や方策が具体化されていく。
 
もちろん、アルペン部の14,778,000円という大金は、委託契約に沿って運用し、詳細な報告書を提出しなければならない。もちろん監査を通る訳なので、報告書の厚さは2cm近くになります。正直言って気が遠くなるような作業です。この業務、誰がやってるか知ってますか?
 
私です。
 
今日は朝8:00から取りかかってから今まで、食事とトイレと僅かな外出以外、パソコンと領収書とシーズン中のメモと真剣勝負です。数字は合ったし、入力は7割くらい終わったので、明日は残りを入力しながらプリントアウト。そこに領収書を付ければ完成。ゴールデンウィーク中に、この作業に使える時間は明日のみ。9日の競技本部会議で提出です。そして、その場で21年度の予算が決まるので、その後は21年度の計画書作り。誰か、この業務をやりたい方、ぜひ交代しましょう!
 
さて、昨日我がサッカー部は新発田商業高校さんと練習試合をさせてもらいました。35分ハーフの前半は0-1、後半は2-3。さらに追加の30分は5-2。我がチームは1・2年生のみということを考えれば、そんなに悪い内容ではなかったと思います。人数もギリギリしかいないため、交代もできないし、怪我人も試合に出てますから。地区大会は6日に迫っているので、体調をしっかり整えて頑張りたいです。
広告

Written by アルペン監督

2009/05/03 @ 22:05

カテゴリー: スキー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。